Clepsanmia
 作詞:成澤悠斗 作曲:成澤悠斗 編曲:成澤悠斗 :鏡音レン

 零れ落ちてく 時間の狭間に
 あの日と同じ 風景を探す
 
 永遠に変わらぬ 過去と未来の
 無限の迷路 出られなくて
 
 心の奥の
 もう一人の自分が
 ここにいるよと
 哀しく 叫んだ
 
 嗚呼  届かない
 手を伸ばした 鏡の君へと
 ずっと 一人あてなく
 君を求めて
 彷徨うよ どこまでも
 寄せては返す 時間の波間に
 いつもと同じ 風景を見てる
 
 永遠などないと 分かっていても
 それを求める 儚い夢
 
 どこにいるのと
 呼ぶ声は 掻き消され
 「無言の声」が
 虚しく 響いた
 
 嗚呼 戻らない clepsanmia
 孤独な時間を
 きっと いつか飛び立つ
 君と出逢える
 運命を 信じてる
 ここにいるよと
 もう一人の自分の
 引き寄せる声
 優しく 響いた
 
 嗚呼 巻き戻る clepsanmia
 鼓動が重なる
 ずっと 探し求めた
 君に想いを
 伝える
 
 二人 見つめ合い 手を重ねた
 いつかの自分と
 ずっと 君とこのまま
 想い届けて
 歌声よ いつまでも

 
 
 

 2010年5月発行の葉の月(ちくP)さんとの合同CD「Resonance」に収録した曲です。
 ひたすら歌詞に悩んだ挙句、なんだかよく分からない内容に。
 曲も全体的にのっぺりと言うか、最初から最後までうるさいだけになってしまったので、
 もうちょっと音を増やしたり減らしたり、いろいろいじりたいです。
 
 

indexbacktop