Deja vu 〜いつか見た場所〜
 作詞:高城悠基・種代深秋 作曲:成澤悠斗 編曲:成澤悠斗 :鏡音レン

 遠い記憶の果てに 霞んでいる
 懐かしい情景が
 近くで聴こえる 呼んでいるよ
 あの頃の君と僕が
 
 この街で過ごした
 遠い遠い日々の記憶
 澄んだ水のように
 冷たく透き通る記憶
 
 いつか見た場所を歩く
 まぶしい陽射し 照りつける夏の
 蜃気楼のように消えた
 君との時間
 いつか見た川の流れ
 素足で渡る 水のぬくもりは
 今はもう消えてしまった
 遠い日々の記憶
 遙か彼方 霞のように消える
 あれは幻なのか
 確かに聴こえて 呼ばれていた
 あの頃の君の影に
 
 遠く霞んでいく
 きっと近い日々の記憶
 なぜか手を伸ばしても
 触れることもできない
 
 透き通った流れのように
 儚く消えては現れる
 君を感じられない 今は
 ただの時間
 Deja vuのように感じた
 君もあの街もこの場所も
 塗り固められてた 記憶
 時の中に見えた
 この街で過ごした
 遠い遠い日々の記憶
 澄んだ水のように
 冷たく透き通る記憶
 
 いつか見た場所を歩く
 まぶしい陽射し 照りつける夏の
 蜃気楼のように消えた
 君との時間
 いつか見た川の流れ
 素足で渡る 水のぬくもりは
 今はもう消えてしまった
 澄んだ水の記憶

 
 
 
 
 
 

 過去に作ったインスト曲「風の神殿」から派生した歌形式の曲です。
 「風の神殿」のメイン部分が間奏になっています。
 歌詞が書けない!と、その場にいた高城悠基さん(1番)と種代深秋さん(2番)に歌詞を書いていただきました。
 2008年5月にニコニコ動画へ投稿、2009年11月発行のCD「Deja vu」(廃盤)に収録しました。
 
 

indexbacktop